(訓練)緊急事態を想定したメールによる安否確認訓練(4月25日)の事前連絡

4月25日(火)、在留届を提出されている当地在留邦人の皆様を対象として、当館領事メールを使った安否確認訓練を実施します。当日に同メールを受信された方は、必ず返信をお願いいたします。
 なお、本日お送りするこのメール自体は事前連絡ですので、返信は不要です。
1.2015年4月25日に発生したネパール大地震は、邦人1名を含む死者8,962名、負傷者22,302名(ネパール政府発表)を数える大惨事となりました。
 発生した当時の対応を検証した結果、当館領事メールによる邦人の皆様の安否確認の実施と情報提供が大いに有効であったことが確認されています。
 また、自然災害時のみならず、テロ等の緊急事態発生時の連絡手段としても大きな効果が期待できることから、毎年4月25日に訓練を行ってきているところです。
2.上記1.を踏まえまして、4月25日に在留届を提出されている当地在留邦人の皆様を対象に、メールによる安否確認訓練を実施いたしますので、当日に同メールを受信されましたら、メール内に記載の事項について必ず当館まで返信くださいますようお願いいたします。
 なお、本日お送りするこのメール自体は事前連絡ですので、返信は不要です。
※このメールは、在留届にて届けられたメールアドレスに自動的に配信しております。
※在留届を提出されたまま、既に帰国や転勤などにより当地に滞在されていない方は、このメールの最後に記載の当館領事班代表メール宛てにご連絡をお願いします。
在ネパール日本国大使館
代表電話:+977(国番号)-1-4426680
領事班代表メール:consular-emb@km.mofa.go.jp
※閉館時間帯(夜間や週末、休館日など)に事件事故などにより真に緊急の用件にて当館に連絡を希望される場合、大使館代表電話から緊急電話対応者に転送されます。