第8回十日会開催報告

12月9日に日本人会講和サロンと共催にて、第8回十日会を開催しました。講師は、日本の誇る輸送業第一人者、元ヤマト運輸社長、現公益財団法人ヤマト福祉財団 理事長の 瀬戸薫(せと かおる)様にご登壇頂きました。

日本の宅配便の黎明期における屈強な男たちによる民間荷運び屋と郵政省の確執から始まり、時代とともに移り変わる個別集荷配送の誕生、この発展形のスキーやゴルフ宅急便、そして最大のヒット商品となったクール宅急便等々、ニーズのつかみ方やサービスの企画製作、それぞれの苦労話等々について、詳細にお話頂きました。瀬戸様自らがご経験された激動の時代が生き生きと感じられる素晴らしい講演であったとともに、まさにこれからのネパールで起ころうとしているニーズの変遷を改めて確認できる、極めて有意義な会となりました。

講演終了後は、商工部会忘年会を兼ねた懇親会を実施し、約60名の方が異業種・異業界交流を通じた新たな発見をする場となりました。この懇親会のドリンク代をご負担頂いたヤマト財団の皆さまには、この場をお借りして深く御礼を申し上げます。