民法調査団による勉強会兼夕食会:出席報告

日本が草案の段階から継続的に支援を行ってきたネパールの民法が、8月17日(金)に施行されました。この支援に関わってきた日本の法学者の先生方が当地に来訪する機会を捉え、日本国大使公邸で商工部会員もご招待頂いた勉強会を開催して頂きました。新しい家族法、財産法、契約法について詳しく、しかしわかりやすくご説明を頂き、ネパールで生活しビジネスを行う上で、ある意味もっとも密接に関係する法令でもあり、大変有意義な勉強会となりました。

下記の法学者の先生方から戴いた資料がございます。ご所望の方は事務局までお問い合わせください。

講師:新民法の草案に関わられた日本の先生方(>は当日お話し頂いたテーマ)

  • 松尾 弘様(慶應義塾大学法科大学院 教授)>土地家屋の所有権、第三者保護等
  • 南方 暁様(創価大学法学部 教授)>「善意の第三者」の法令上の取り扱い
  • 木原 浩之様(亜細亜大学法学部 教授)>相続、男女間の法令上の差異等