ワクチン2回以上接種者に対するネパール入国時の陰性証明書不要について

●ネパール入国の際に求められる新型コロナウイルス感染症の陰性証明書について、既に2回以上のワクチン接種が完了している方は、陰性証明書の提示が不要となりました。
1 3月10日付通知において、ネパール入国管理局は、空路または陸路によりネパールに入国する者については、新型コロナウイルス感染症に対するワクチンを2回以上接種した証明書の提示を義務付け、同ワクチン接種証明書を提示できない者については、引き続き滞在国からの出発72時間前以降に取得した陰性証明書を提示しなければならない、と発表しました。
 これにより、入国時にワクチンを2回以上接種した証明書を提示できる方については、陰性証明書の取得及び提示が不要となります。
2 また、ネパールから外国に出発される場合は、中継地及び目的地の国の水際措置の基準に従う必要がありますので、ご自身にて当該国政府や搭乗予定の航空会社に直接ご確認ください。
3 なお、上記1のネパール入国管理局の通知では、過去に同入国管理局が発出した新型コロナ感染症に関する通知は無効になると発表しております。ただし、ネパールに出入国するすべての人が事前にオンラインにて登録することが求められるInternational Traveller Formについては、引き続き提出が求められておりますのでご注意ください。
※新型コロナウイルスの感染者数は減少傾向にありますが、引き続き感染の予防に努めるようにしてください。また、外出する際には、適切なソーシャル・ディスタンス(2m以上)を取り、3密(密閉・密集・密接)を避け、マスクの着用や手指消毒を行うなど、各自十分な感染対策をしてください。
※現在、当館領事班には連日大変多くの皆様から問い合わせのお電話をいただいておりますが、常時回線が混み合っているためにご迷惑をお掛けしております。メールでのご照会にも対応しておりますので、是非メールをご利用ください。
※このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止されたい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
※帰国や転勤などにより既に当地に住んでおられない方は、以下の領事班代表メールにご連絡をください。
在ネパール日本国大使館
代表電話:+977(国番号)-1-4426680
領事班代表メール:consular-emb@km.mofa.go.jp
※閉館時間帯(夜間や週末、休館日など)に事件事故など真に緊急の用件にて当館に連絡を希望される場合、上記大使館代表電話から緊急電話対応者に転送されます。