マオイストチャンド派の抗議行動について

●マオイストチャンド派が、同派リーダー及びメンバー数名の逮捕を非難し、1月16日から23日の間に抗議を行なう予定
在ネパール大使館の注意喚起(安全情報21−1)
マオイストチャンド派の抗議行動について
報道によれば、1月16日(土)から1月23日(土)までの間に、警察がマオイストチャンド派リーダー及びメンバー数名を逮捕したことを強く非難し、ネパール全土において以下の抗議行動を行うと発表しました。
 1月16日(土)抗議デモ
 1月18日(月)抗議デモ
 1月20日(水)抗議集会
 1月21日(木)トーチラリー(夜間、松明等を使用したデモ)
 1月23日(土)バンダ(ゼネラルストライキ)
本抗議行動の詳細な実施時間や場所は現時点で判明しておりませんが、ネパール全土を対象として実施されることが予想されます。
これらリーダーらは、カトマンズ及びラリトプールから派遣された警察部隊により、ラリトプール及びマクワンプールの境界付近で逮捕されたとの情報があることから、特にそれら地域において抗議行動が活発になることが予想されます。
同派は、過去のバンダ(ストライキ)等において、多数の爆発物の爆破、設置事件や放火事件を敢行しており、さらに昨年12月には、教師を誘拐、殺害するといった凶行に及んでいることから、今回の抗議行動の際にも各種違法行為をするおそれがあります。
警察は、同派に対する取締りを強化しており、取締りの際に同派と警察との衝突が激しくなる可能性もあります。
ネパール在留邦人の皆様及び旅行者の皆様におかれましては、上記の抗議行動の場や特に政府機関など攻撃される可能性のある施設等には極力近づかない、不審物を発見した際には不用意に近づかないようにし、不測の事態に巻き込まれることのないよう十分注意をお願いします。
テレビやインターネットで最新の情報の入手に努めてください。
※ この情報は、お知り合いや旅行者等にもお知らせください。
※ 在留邦人で在留届を提出されていない方がおられましたら、大使館へ在留届を提出するようおすすめ願います。
オンライン在留届HP:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html
※ 近く帰国・離任を予定されている方、または既に帰国されている方は速やかに大使館までご連絡下さい。
※ このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及びたびレジに登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。自動配信を希望されない方は、帰国届を提出していただくか、たびレジへの登録をご自身で停止していただく必要があります。
「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止されたい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
大使館代表電話 4426680
※ 閉館時(休館日や夜間など)には、上記電話から緊急電話対応者に転送されます。