ネパール共産党(NCPダハル/ネパール派)による第4段階の抗議計画について

●ネパール共産党(NCPダハル/ネパール派)により、第4段階の抗議行動が計画されています。集会やデモ実施箇所付近では交通規制が行われるなど交通渋滞が発生し生活に支障が及ぶ可能性があります。
在ネパール大使館の注意喚起(安全情報21−8)
ネパール共産党(NCPダハル/ネパール派)による第4段階の抗議計画について
報道によれば、ネパール共産党(NCPダハル/ネパール派)は、下院解散等に対して下記のとおり第4段階の抗議行動を計画しています。
 2月17日〜24日 郡レベルでの抗議行動
 2月18日午後4時〜午後5時 Tundikhelにおいてヒューマンチェーンによる抗議行動
 2月19日 地区レベルでの抗議行動
 2月19日〜27日 カトマンズや主要都市における署名キャンペーン
 2月20日 小規模集会
 2月21日 女性への暴力に対する抗議行動
 2月22日 カトマンズにおける抗議プログラム
 2月23日 抗議行動
 2月24日 Chitwanにおける集会
 2月26日 カトマンズにおける集会
 3月 5日 Dangにおける集会
本日予定されているヒューマンチェーンによる抗議行動は、Tundikhelにおいて約1万人が参加すると見込まれてるとのことです。
デモや集会実施時には、その周辺において警察による交通規制が行われるなど、交通渋滞が発生し生活に支障が及ぶ可能性や警察と抗議団体との衝突が発生する可能性があります。
先日16日には同党(ダハル/ネパール派)の学生3人が同党(オリ派)の学生らに攻撃を受けて負傷する事件も発生しており、今後両派間での妨害行為などにより衝突が発生する等の可能性もあります。
現在各団体により、様々な抗議活動が頻繁に行われており、さらに行動が攻撃的になる可能性もありますので、デモ等が行われる場所には近づかず、デモの集団及び集会に遭遇した場合は速やかに現場から離れるよう、不測の事態に巻き込まれることのないように注意してください。
また、デモや集会参加者の中にはマスクをしていない者も多数見受けられますので、新型コロナウィルス感染症予防の観点からもこれら集団に近づくことのないよう、十分注意をお願いします。
今後も各地において、上記以外にデモや集会が継続的、活発的に行なわれる可能性があります。
ネパールに在留されている邦人の皆様及び旅行者の皆様におかれましては、テレビやインターネットで最新の情報の入手に努め十分注意をお願いします。
※ この情報は、お知り合いや旅行者等にもお知らせください。
※ 在留邦人で在留届を提出されていない方がおられましたら、大使館へ在留届を提出するようおすすめ願います。
オンライン在留届HP:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html
※ 近く帰国・離任を予定されている方、または既に帰国されている方は速やかに大使館までご連絡下さい。
※ このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及びたびレジに登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。自動配信を希望されない方は、帰国届を提出していただくか、たびレジへの登録をご自身で停止していただく必要があります。
「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止されたい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
大使館代表電話 4426680
※ 閉館時(休館日や夜間など)には、上記電話から緊急電話対応者に転送されます。