ダサイン及びティハール等大規模祝祭時期の犯罪被害防止についての注意喚起

●本年10月はダサイン及びティハールなどの大規模祝祭がありますが、例年この時期には窃盗などの各種犯罪が増加する傾向にあります。
●各種犯罪の被害に遭わないよう、普段以上に十分にご注意ください。
1 本年10月にはダサイン及びティハールなどの祝祭が続きますが、例年この大規模祝祭の時期には、窃盗をはじめ各種犯罪が増加する傾向にあります。
 特にこの期間は多くのネパール人が地元に帰省するため、家人が不在となる家屋に侵入する空き巣事件の発生が増加するおそれがあります。
 在留邦人の皆様におかれましても、住居を長期間不在にされる場合は、安易にその事実を他人に伝えないようにしてください。
2 また、空き巣被害への対策に加えて、暗い夜道での一人歩きは避ける、多くの人が集まる場所やレストランでは荷物から目を離さない、移動する際には混み合ったバスの利用は避け、アプリなどで運転手の身元が分かっているタクシーを呼び出す、家屋の戸締まりをしっかりと行い侵入対策を強化するなど、普段以上に周囲の状況に注意を払い、各種犯罪の被害に遭わないように注意をお願いします。
3 なお、この時期には、飲酒運転による交通違反や交通事故が増加する傾向にありますので、併せてご注意ください。万が一、事件や事故に遭った場合は、すぐに現地の警察に連絡するようにしてください。
※この情報は、お知り合いの方や旅行者にもお知らせください。
※このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止されたい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
※帰国や転勤などにより既に当地に住んでおられない方は、以下の領事班代表メールにご連絡をください。
在ネパール日本国大使館
代表電話:+977(国番号)-1-4426680
領事班代表メール:consular-emb@km.mofa.go.jp
※閉館時間帯(夜間や週末、休館日)に事件事故など真に緊急の用件にて当館に連絡を希望される場合、上記代表電話から緊急電話対応者に転送されます。